弁護士費用について(刑事事件・少年事件)

弁護士費用について(刑事事件・少年事件)

成人の刑事事件

着手金

内容

金額

起訴前の事件 金16万2000円以上
起訴後の事案簡明な事件 金21万6000円以上
起訴後の事案簡明でない事件 金43万2000円以上

※起訴前に受任して起訴後も継続して受任する場合には,起訴後の着手金と起訴前の着手金の差額を御請求することになります。

報酬金 事案が簡明な事件

内容

金額

不起訴,略式命令の場合 金21万6000円以上
執行猶予がつくか一定の減刑なされた場合 金21万6000円以上

 

報酬金 事案が簡明でない事件

不起訴,略式命令の場合 金54万円以上
無罪の場合 金100万円以上
執行猶予がついた場合 金54万円以上
刑が減刑された場合 軽減の程度に応じて相当な金額

 

保釈,勾留の執行停止の申立等

着手金 金10万8000円
報酬金 金10万8000円

 

少年事件

着手金

内容

金額

家庭裁判所送致前の事件 金16万2000円以上
家庭裁判所送致後の事案簡明な事件 金16万2000円以上
家庭裁判所送致後の事案簡明でない事件 金43万2000円以上

※家庭裁判所送致前から受任して,家庭裁判所送致後も継続して受任する場合には,送致後の着手金と送致前の着手金の差額を御請求いたします。

報酬金

事案に応じて,協議のうえ決定させていただきます。

目安としては,事案簡明な事件の場合には,成果に応じて16万2000円から32万4000円程度の間で決定させていただきます。

以下のサイトでは,他の事務所との着手金,報酬金の比較を行っていますので,ご参照ください。
・少年事件に強い弁護士

 

お問い合わせと無料法律相談はこちら
Copyright(c) 2014 品川総合法律事務所 All Rights Reserved.
【対応エリア】東京・神奈川・埼玉・千葉